トップページ 中央会とは 理事長あいさつ

中央会とは

理事長あいさつ

公益財団法人予防医学事業中央会 理事長 櫻林 郁之介

 公益財団法人予防医学事業中央会は、戦後の混乱期に始まった寄生虫撲滅のための“草の根運動に根ざしており、当時は財団法人日本寄生虫予防会を設立して寄生虫の検査と生活環境の改善、衛生思想の普及を柱にして全国活動を展開して国内の寄生虫感染症をほぼ撲滅させた歴史があります。
 この時の活動の理念をもとにして健診と健康教育を柱にした予防医学活動を行う団体として1966年に設立されたのが財団法人予防医学事業中央会です。国民の健康意識が高まる中で、がんを含めた成人病(生活習慣病)が国民の健康対策を進める上で大きな課題になっておりました。こうした課題に取り組むために、全国の33支部と連携をして活動を展開してきたところですが、公益法人制度改革があり、2013年に新しい公益財団法人として内閣府の認定を受けて再発足しております。

 本会の活動は、行政の支援と、学会、医師会の学識経験者による協力のもとにすすめられております。活動にあたっては、全国33支部と連携をしながら健診検査、調査研究、健康教育を3本の柱として、これをベースにして21世紀の予防医学活動を推進するための各種の活動を行っています。

 近年、厚生労働省では各種の健康診断のあり方について、それぞれごとに有識者会議を開催して見直しが図られております。
 高齢者の医療確保に関する法律に基づく特定健診・特定保健指導、労働安全衛生法に基く健康診断、対策型として行われる各種のがん検診等が、科学的根拠にもとづく検証がされ見直しがされております。
 一方、2013年から「健康日本21(第2次)」が示されて健康寿命の延伸と健康格差の縮小、生活習慣病の発症予防と重症化予防に焦点をあてて、各種の保健事業が積極的に展開されております。

 こうした中で、公益財団法人予防医学事業中央会は、全国の支部と連携をしながら精度の高い健診と良質のサービスを提供しながら、国民の健康の保持増進と健康開発を図るために一層の努力を重ねてまいります。
 今後の予防医学事業推進のために、関係各位のご理解とご協力ご支援を賜りますようにお願いを申し上げます。

トップページ サイトマップ 交通アクセス

ページの先頭へ